栄養

プロポリスに含まれるポリフェノールの働き

「プロポリスに含まれるポリフェノールの働き」

プロポリスに含まれているポリフェノールはフラボノイドという植物全体に含まれる一種です。
ポリフェノールの一種として、強い抗酸化作用があり、ポリフェノールを一躍有名にした赤ワインよりも比較にならないほどに多いとされています。
その他の有効成分はこちらhttp://www.japservice.com/fen.html

フラボノイドの効果としては、神経をリラックスさせる抗ストレス作用や抗菌作用、自己免疫力を高める効果に、血液を浄化し血管壁を強化する効果、
コラーゲンの合成を強化したり、細胞の働きを活発にしたり、ウィルスや細菌をやっつける効果に、止血、造血作用、麻酔、鎮静作用に、消炎作用、
潰瘍の発生を防いだり、抗アレルギーや抗ストレス作用などといった多種多様な働きがあるとされています。

老化の原因http://xn--zckzcsa6cn3687bnre254f.com/06.htmlとなるといわれているのが過酸化脂質ですが、フラボノイドにはこの過酸化脂質の増加を抑える作用もあると言われているのです。
しかしみつばちが植物や樹液を集めて唾液と作り上げるのが、プロポリスに含まれるポリフェノールであるフラボノイドです。
つまり含まれる植物によっては変わってしまう事も多いことから含まれている数すら特定できないながらも、植物からなるフラボノイドということが分かっています。

中でも特にポリフェノールたるフラボノイドの質がよいとされているのは、ブラジル産のプロポリスです。
理由としてはアマゾン川には緑が多く、中には生薬も多く含まれていることが大きいでしょう。
みつばちがそれらからプロポリスを作ることが多くなり、そういったプロポリスは「緑型」と呼ばれ、最高ランクとされるものだとSクラスのものもあります。

もともとポリフェノールは動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用があることや、血液をサラサラにする効果があるばかりか、体内の活性酸素を除去する優れた抗酸化作用があり、
さらにはガン細胞の増殖を抑える働きを持っていることも分ってきています。
副作用の心配をあまりすることもなく、血液の状態を保ち、病気から身を守る効果のあるプロポリスを始めてみませんか。