栄養

プロポリスとフラボノイドの関係

「プロポリスとフラボノイドの関係」

プロポリスに含まれる成分にはフラボノイドが含まれています。
みつばちは紫外線からの酸化ストレスを避けるために、抗酸化作用のあるフラボノイドを含んだプロポリスを作っているとされています。
フラボノイドというのは、植物に含まれる色素成分の総称のことで、ポリフェノールを分類した際の1つのカテゴリーであり、ポリフェノールの中で最も重要な成分でもあります。
こちらhttp://csschest.com/fur.htmlにも書いてあるとおりフラボノイドは人の体内で作ることができません。よって、フラボノイドを外部から摂取することは大切なことなのです。

何故フラボノイドに抗酸化作用があるのかといえば、植物もストレスなどによって発生してしまった活性酸素を抑えるために、芳香性物質を分泌し生命の危機を防いでいるのです。
そんな風になっている植物からみつばちが集めたものは、植物のその成分を含んだプロポリスになるというわけです。
またフラボノイドは抗酸化作用を上げる他にも自己免疫を強化する作用や血液浄化、コラーゲン合成強化、ウィルスや細菌の退治、止血、造血、抗アレルギー作用、抗ストレス作用、
消炎作用、抗酸化作用などといった効果が期待されているといってもいいでしょう。

プロポリスは、みつばちの唾液と樹木の樹脂や樹液が混ざることで、人間が作り出すことができない抗菌物質を作り出したものです。
ちなみにプロポリスに含まれているフラボノイドは、ビタミンPというバイオフラボノイドというもので、一説によりますと、プロポリスに含まれているフラボノイドの種類は
20とも500ともいわれます。
今のところデータが不足していますので、研究報告を待っているともいえるでしょう。
植物が芳香性物質を作り出して分泌し、様々な背景によって、自ら紫外線による酸化を防いだりウィルスや病気から身を守り、そんな植物の力を分けてもらって
自らの巣を強化するプロポリスを作りだし、そのプロポリスから様々な効果、特に植物と同じ抗酸化作用をえているのが人間です。

プロポリス事態はまだまだ研究の途中にあって、また大きな期待がもてる性質であると共に、フラボノイドにも植物のもつポリフェノールのひとつと同じような効果が
期待されているといってもいいでしょう。
プロポリスのアレルギーの改善効果こちらの記事も興味深いです。