栄養

医学博士もおすすめのプロポリス

「医学博士もおすすめのプロポリス」

医学博士や病院の医院長など、様々に医療に携わっている方が本にして出版するほどに勧めるのがプロポリスであり、その可能性はまだまだ研究段階とはいえ、
大いにあるからこそ注目されているともいえます。
もともとプロポリスというのは、みつばちが樹液や植物などから集めたものを唾液によって作られたプロはプロップ(支柱)というラテン語から、
ポリスは都市の意味を持つギリシャ語からとられた、「蜂の都市を支える柱」ともいうべきものとして17世紀頃から用いられるようになったのですが、
それ以前には「マミィ」というミイラという意味もあるほどで、古代エジプトでは実際にミイラ作りに使われていたとも言われています。

しかし昔から薬としての需要が高く、「ペニシリン」といった抗生物質が作られるまでは傷口などの治療に使われていたほどです。
では何故、再び注目を集めるようになったのかといえば、人工的な抗生物質の乱用よりも自然な薬として副作用の心配のない薬が求められるようになったからといえるでしょう。
多くの先生が自分も愛用して、その免疫力の効果の高さをいい、自身の闘病記とプロポリスの関係の本などを出版しています。

また癌に効くプロポリスhttp://collegeradiomap.com/gan.htmlとしての本や様々なプロポリスの効果などを書いた本を読んだプロポリスの実際の愛用者の声は本当に実に様々で、癌予防に飲んでいるとか、
口内炎にならないとか、肺気腫、肌荒れ、インフルエンザ、風邪などといった大きな病気から小さな病気まで様々な病気の症状の声もあります。
実際に半信半疑な人や、悪化しないから効いていると信じているといった声はありますが、大きな病気の人も本を読んで、検査をし医師と相談のうえで、飲んでいる人も多くいます。
他にもプロポリスには生活習慣病予防に効果があるようです。
有名な人が勧めているから絶対に効くと思うのは重要なことです。
「病は気から」気力で負けてはいけません。
しかし実際に自分の容体を診てくださる医師の意見も聞いて、よりよい治療を話合いましょう。