栄養

プロポリスのカプセルのメリット

「プロポリスのカプセルのメリット」

プロポリス独特の味や飲用後の匂いを気にせずに飲めるのが、カプセルタイプの特徴です。
またカプセルタイプは保存が楽なうえに持ち運びも簡単ですので、出張や旅行にも持っていけますし、簡単に飲むことができるという点でもかなり楽になります。
ですが、プロポリスのソフトカプセルは、包剤が溶けて中身が出ないように、オリーブオイルや油などに溶かしたものをカプセルで包むようになっています。
そのためカプセルの中身は100%プロポリスにはならず、20~30%ほどしかなくなってしまいます。
しかし、1日の摂取量であるプロポリスの量を計算して作ってあるので、不足することもないのでその点は心配ありませんが、液体タイプより量が多いのではありません。

ちなみに初めてプロポリスを飲まれる人にとっては、液体タイプは刺激が強いかもしれません。
液体が歯などに付着するなど面倒で厄介な飲み物という苦手意識を持たないように、カプセルタイプがいいでしょう。
カプセルタイプはプロポリスの扱いが慣れていない時に、液体タイプのように上手く扱えなかった場合にはベタベタになるとか、貴重なプロポリスをこぼしてしまうなどの
心配がありません。

しかも最近のプロポリスのカプセルタイプは粒同士がくっつかないように改良もされていますので、1粒づつ飲みやすくなっています。
そして何よりも最大のメリットは、カプセルのまま腸まで届くことです。
胃酸などにも負けずにプロポリスの栄養が吸収されることでしょう。
気軽に使用できるという点ではスプレー式のプロポリスhttp://www.friendswood-chamber.com/spray.htmlもおすすめです。こちらは消化吸収に優れていたり、口臭を抑える効果もあります。

みつばちが作る蜂蜜のように甘いわけではありません。
味を知るのはソフトカプセルを噛んだりしてもできますので、自分が無理なく飲めるかを確認するにも初めはカプセルタイプがよいでしょう。
勿論、直接味わいたい人にはカプセルは物足りなく感じるそうですが、そう感じるのは飲み慣れた人が多いというのも事実です。
またこちらのプロポリスの効能も参考にご覧ください。